FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carol of Old Ones

いあ! ちちなる こんとんの ばいかいよ!
いあ! ははなる もりの くろやぎよ!
いあ! いあ! らぶくらふと ふたぐん!!


個人的にいろいろアレなのでご注意ください。
スポンサーサイト

グレモリーさんちの家庭の事情

・そんなこんなで、主な登場魔神様方の紹介ページですよー。

・今回は、【Grimoire】の中核であるグレモリーさんちに焦点を当ててみました(´∀`)

・書籍に基づいた公式見解的なものから、捏造上等・妄想上等な個人的見解を含んだものまで、幅広く取り揃えています。

・たまーにイラストがあったりなかったり……??

・追記クリックで紹介ページにれっつごーふぉーいっと!

この世界について

・時間軸は神と悪魔が天地を揺るがし争った創世記戦争が終結し、長い月日がたったころ。現在というわけでも、過去というわけでも、未来というわけでもない不思議な時間帯。

・下っ端悪魔や下っ端天使たち同士の小競り合いはあるものの、上層部が動く程の大きな戦争には発展していない、わりあいまったりとした流れ。

・地下に広がっているといわれている広大な地獄帝国が舞台。9つの階層に分かれている。階層は以下のとおり。

 地獄門
地獄帝国の入り口にある、「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」と銘された門。この門を抜けると、地獄前庭やアケローン川が広がっている。

 地獄前庭
地獄帝国の前に広がる入国審査序的な場所。善人でも悪人でもない無為な時を過ごした人間たちがここに押し込まれている。

 アケローン川
地獄帝国の前を流れる川。地獄帝国に入るべき悪人は、渡し守であるカロンの船に乗って地獄へ入る。
この川を渡った先が地獄帝国。

 第一階層
辺獄(リンボ)。洗礼を受けなかった者が永遠に時を過ごす場所。
ここを好んで領土とする悪魔はあまりいない。

 第二階層
愛欲者の地獄。世界の管理者は六副官が一人・ベルフェゴール。
お子様お断りなピンクな世界と化しているようだ。
三角関係、四角関係、寝取り寝取られなんでもござれな修羅場時の珍事。

 第三階層
貪食者の地獄。世界の管理者は六副官が一人・ベヒモス。
大食の罪を犯した者が死してなおフードファイトを繰り広げている。優勝者は、管理者でありチャンピオンでもあるベヒモスへの挑戦権を獲得できるらしいが、未だかつてベヒモスが敗れるところを見た者はいない……。

 第四階層
貪欲者の地獄。世界の管理者は六副官が一人・モレク。
どうすれば欲しいものを着実に手中に収められるか、ということを四六時中考えている連中が集まる場所。
借金苦に苦しむ人間に向けて講座を開くなどの啓蒙活動でもしてみればいいんじゃないかと思う。

 第五階層
憤怒者の地獄。世界の管理者は六副官が一人・アラストール。
怒りに我を忘れた者が、阿鼻叫喚の中を互いに責め苛む。苦痛すら快感に変えてしまう猛者が続出するのもこの地獄の特徴か……。サドとマゾは紙一重、ということを実感できる場所なのかもしれない。

 第六階層
異端者の地獄。 世界の管理者は六副官が一人・ベルゼビュート。
あらゆる宗派の異端の教主と門徒が、火焔の墓孔に葬られている。管理者自らが楽しげに火力の調節をするところがしばしば目撃されている。

 第七階層
暴力者の地獄。世界の管理者は六副官が一人・リリス。
他者や自己に対して暴力をふるった者が、暴力の種類に応じて振り分けられている……のだが、管理者には世界を管理しようという意思がないのかあるのか、 かなり放置されている。そのおかげか、争いごとの絶えないバトルロワイヤルな世界と化しているが、その争いすら高みでぼけーっと見物している管理者にとってはどうでもいいことらしい。

 第八階層
悪意者の地獄。六副官善人の共同管理地。
悪意を以て罪を犯した者が、それぞれ十の「悪の嚢」に振り分けられている。

 第九階層
裏切り者の地獄。「コキュートス」と呼ばれる氷地獄。最も重い罪、裏切を行った者が永遠に氷漬けとなっている。裏切者は首まで氷に漬かり、涙も凍る寒さに歯を鳴らす。
 地獄帝国の中心部であり、4つの円に分けられる。

 第一円:カイーナ。
下層居住区。悪魔たちに仕える使い魔や奴隷として働かされている人間たちが住む場所。弱肉強食がまかり通るスラム状態と化している。

 第二円:アンテノーラ。
中層居住区。万魔殿で働く下っ端悪魔たちが住む場所。日用品や食料品などを扱う市が立ち並び、一番活気のある場所。

 第三円:トロメア。
上層居住区。上級悪魔が棲む場所。広く広大な敷地面積を持つ邸宅が立ち並ぶ高級住宅地のようなもの。72柱の魔神達の私邸もここにあることが多い。また、六副官達はそれぞれ天空の惑星に別邸を構える場合もある。

 第四円:ジュデッカ。
地獄帝国の首都。中心には万魔殿が聳え立ち、ありとあらゆることがここで審議・決定されている。ジュデッカのさらに中心、万魔殿の最深部、地球の重力がすべて向かうところには、神に叛逆した魔皇・ルシファーの本体が氷の中に永遠に幽閉されている。









組織紹介
・そもそも【ソロモン72柱】については諸説あるわけですが、当サイトではルシファーに仕える上級悪魔、と設定しております。

・ルシファー直属の部下が六副官、六副官の下に72柱、その下にピンキリの悪魔たち……という、会社的構造を想像していただくとわかりやすいかと思われます。

・全軍元帥がファー様、陸軍指揮官がモレク、海軍指揮官がベヒモス、空軍指揮官がベルゼビュート、兵器開発・実験がベルフェゴール、暗躍部隊がアラストール、近衛&後宮警備がリリス……のような感じでしょうか??

・万魔殿内食堂のA定食のメニューから、第二次創世記戦争の宣戦布告まで……地獄帝国に関する最終的な決定権は、基本的に魔皇であるルシファーにあります。

・……とはいえ、その下にはルシファーの暴走を止めるべく、六副官を筆頭とした議会が設けられており、ある意味では独裁制というよりは民主制に近い感じです。


プロフィール

みやうち

Author:みやうち
いあ!母なる森の黒山羊よ!
いあ!父なる混沌の媒介よ!
北狄の地に眠る、醜く蠢く肉の塊にして、のたうつ太い腕と、滑りにくい靴を好む短い脚、粘液を滴らせる大きな口を持つ。
それは、しわがれた低い声で、呪詛と歓喜を詠うであろう。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。